映像研には手を出すな!ドラマ第2話あらすじと感想【映像研、爆誕す!】

映像研 ドラマ ネタバレ 感想 ドラマ

ドラマ版「映像研には手を出すな!」第2話のあらすじと感想について語ってます。

アニメ制作のために、新たに部を立ち上げることを浅草と水崎に提案する金森。

部の申請のため生徒会を訪ねた3人は、1週間以内に顧問を選定し、活動内容を示す資料の提出を条件に活動を認められる。

果たして3人はアニメ制作のために、新たに部を作ることはできるのか。

この記事には、第2話のネタバレが含まれています!
スポンサードリンク

新しい部の設立を提案

親の監視がありアニ研には入れないと言う水崎(山下美月)と、アニメ作りに自身がないと言う浅草(斎藤飛鳥)に対して、金森(梅澤美波)がアニメ作りのため新たに部を作ることを提案した。

そして学生である自分たちはモラトリアムに守られノーリスクだと力説し、金森自身もサポートすることを約束した。

浅草が、なぜそこまで金森がアニメ制作を後押しするのか尋ねると、カリスマ読者モデルの水崎が作るアニメに、猛烈な商売の気配を感じると返す金森。

その言葉に、「金かい!」と突っ込む浅草と水崎だった。

そのころ大・生徒会室では「メロディック・ハードコア部」「グラインド・コア部」「カオティック・ハードコア部」が部の新設を訴え、生徒会長の道頓堀(小西 桜子)、書記のさかき・ソワンデ(グレイス・エマ)、切り込み隊長の阿島九(福本 莉子)らの審査を受けていた。

道頓堀から、それぞれ何が違うのか説明を求められ、それぞれの部がお互いの違いを説明するが、結局その違いは伝わらず、申請は却下された。

スポンサードリンク

映像研を申請

浅草と水崎が中庭で話をしていると、目の前で「号外」の声が響いた。

2人はそこに駆け寄り号外を貰うが、そこには何も書かれていなかった。

訳を尋ねると、号外を配っていた生徒たちは新聞部から独立した「号外部」だと名乗り、号外配布の練習中だと説明した。

そこに金森がやってきて、部の申請のため浅草と水崎を連れて大・生徒会室へ向かった。

生徒会の面々に金森が、映像系の部の創設を申し出ると、道頓堀が現在「映画部」「ドラマ部」「ショートフィルム部」などたくさんの映像系の部活があり、それらと活動内容が被らないか問いただした。

すると金森は、「映像研究同好会」を名乗り、活動内容について、「昨今の映像コンテンツの視聴方法が多様化し映像媒体の垣根がなくなりつつある」云々とそれらしいことを語り、「我々は、我々にしかできない唯一無二の活動を約束します」と言ってハッタリをかました。

すると生徒会は、期間限定で映像研の活動を認め、1週間以内に顧問を選定し、活動内容を示す資料の提出を求めた。

そしてソワンデが最後に、「見せてよ。唯一無二の映像」と訴えた。

生徒会室を出ると、金森は1週間でアニメを作れるか浅草と水崎に尋ねるが、「無理」と返す二人。

すると金森は、実写でも何でもいいから、唯一無二の映像を作るよう二人に求め、顧問を探しに職員室へ向かった。

スポンサードリンク

顧問と部室が決まる

職員室に向かった映像研の3人は、顧問を務めてくれる暇な教師がいないが声を掛けた。

すると、髭面の教師、藤本(髙嶋 政宏)が3人の前に現れ顧問を引き受けた。

藤本は部室の空きがあると告げると、自分の席に戻っていった。

芝浜高校の部室は、活動実績によって割り当てられ、1等部室は校舎内にあり新聞部、文芸部、ロボット研究部などが使用。

2等部室(通称倉庫)は、屋外に設置されたコンテナが部室になっていた。内野部などが使用。

3等部室(通称蜂の巣)は、カプセルホテルを部室として使用。号外部などが入室している。

4等部室(通称キャンプ)は、河原の土手に張ったテントが部室だった。外野部など。

5等部室(通称彼岸)は、学校から遠く離れた場所にある廃屋で、そこが映像研の部室となった。

金森は落胆するも、浅草と水崎は寂れた建物とその傍らに立つ煙突に胸を躍らせた。

廃屋の中には、昭和14年製造と刻まれた石炭ボイラーが置かれており、浅草はその廃屋を飛行装置の研究秘密基地だと言って妄想の世界に入り込んだ。

二階に上り、プロペラスカートと名付けられた飛行装置を腰に装着し、部室の天井から飛び立つ浅草。

しかし金森に、プロペラと逆方向に体が回ると指摘され、元の位置に着地する浅草。

飛行装置を収納し、1階に降りようと手すりに手を掛けると、その手すりと共に1階に落下する浅草。

その瞬間を、携帯のカメラに収める金森だった。

スポンサードリンク

映像研、爆誕す!

それから1週間後。

生徒会4人の前に立つ映像研の3人。

道頓堀から活動内容を示す資料の提出を求められると、金森が部屋にあったテレビを点けた。

テレビでは昼の情報番組が放送されており、その番組の衝撃映像を紹介するコーナーで、浅草が部室で転落したときの映像が流れた。

その映像に、その場にいた金森以外全員が驚く。

そして金森は、これまで芝浜高校の生徒が作った映像がお茶の間に流れたことがあったかと生徒会に問い、どの部活とも類似しない唯一無二の映像だと主張した。

道頓堀は、映像研を同好会として仮認可し、2か月後の予算審議委員会で活動実績を報告するよう求めた。

生徒会室を後にした金森と水崎は、仮とはいえ映像研究同好会が認められたことを喜ぶが、転落した映像を勝手に使われた浅草は立腹していた。

そんな浅草のところに、転落映像を見たスタント部、重力研究部、受け身研究会らがスカウトの列を作った。

大勢に囲まれ卒倒しそうになる浅草の頭上から、「号外」の叫び声と共に大量の号外が降り注いだ。

その号外には、「映像研、爆誕す!」の文字が躍っていた。

第2話、終了。

スポンサードリンク

映像研には手を出すな!ドラマ第2話の感想

第1話で、外野部と内野部という謎の部がありましたが、今回も「メロディック・ハードコア部」に始まり、「号外部」、「受け身研究会」など変な部活が多数登場していて、映像研以外の部活も結構ぐいぐい来るドラマになってますね。

生徒よりも部活の方が多いんじゃないかって感じです。

何とか映像研が立ち上がり、顧問と部室が確保できましたが、顧問の藤本は昼行燈な感じで頼りなさそうです。でも実は・・・みたいな先生だったりすのかもしれませんね。

それと部室の場末感が半端ないです。

かなり学校から離れているようですが、やりたい放題できそうで逆によさそう。

そして前回同様、今回もVFXが凄かったですね。

特にプロペラスカートの羽をしまうところは、見入ってしまいました。

何だか見どころが段々ドラマの内容じゃなくて、VFXになりそうな気がしてきました。

でもきっと次回あたりから、アニメ制作が始まると思われるので、きっと内容も目が離せなくなってくるでしょうね。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

映像研には手を出すな!ドラマ第2話のあらすじと感想をお伝えしました。

アニメ制作のための部を作るため、大生徒会に乗り込んだ3人。

厳しい条件を課せられながらも、(仮)ですが何とか映像研の活動を認めさせることができました。

頼りない顧問と、ボロボロ部室とまだまだ問題はありますが、果たして映像研の3人はアニメ作りを始められるのでしょうか。

次回もとっても気になります。

「映像研には手を出すな!ドラマ第1話あらすじと感想」

「映像研には手を出すな!ドラマ第3話あらすじと感想」

「映像研には手を出すな!ドラマ第4話あらすじと感想

「映像研には手を出すな!ドラマ第5話あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました