映像研には手を出すな!第1話あらすじと感想【見えた。最強の世界!】

映像研 ドラマ ネタバレ 感想 ドラマ

ドラマ版「映像研には手を出すな!」第1話のあらすじと感想について語ってます。

アニメ作りが夢の浅草みどりと、金儲けが大好きな金森さやかが、アニメ研究会の見学で同じ1年生のカリスマ読者モデル、水崎ツバメと遭遇。

アニメの設定を考えるのが好きな浅草と、アニメーションを描くのが好きな水崎は意気投合。

そこに金森が加わり、彼女たちは最強の世界を作り上げていく。

この記事には、第1話のネタバレが含まれています!
スポンサードリンク

浅草、卒倒寸前

芝浜高校1年の浅草みどり(齋藤飛鳥)は、校舎の屋上から双眼鏡で学び舎を見渡し、その複雑怪奇な校内の構造に歓喜していた。

そしてこの学校を舞台にアニメを作りたいと言って妄想していると、見知らぬ生徒たちに周囲を囲まれ次々と話しかけられた。

極度の人見知りの浅草は、パニックに陥り今にも卒倒しそうになるが、そこに浅草の中学からの学友、金森さやか(梅澤美波)が現れ浅草の窮地を救った。

浅草は、金森をアニメ研究会の見学に誘うがあっさりと断られてしまう。

双眼鏡で校内を眺めていた金森は、同じ1年でカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)が、生徒たちに囲まれ握手やサインに応えているのを発見する。

それを見た金儲けが好きな金森は、水崎でひと儲けを画策し、浅草に水崎と友達になるよう言うが、無理だと返す浅草。

浅草が再度アニ研の見学に金森を誘うと、瓶牛乳4本を請求する金森。

浅草は渋々その条件を呑み、金森とアニ研に向かった。

スポンサードリンク

芝浜高校の変な部活

そのころ別の会場では、大生徒会による部活動の予算審議委員会が執り行われていた。

ステージ上で活動内容を報告する応援部。

大生徒会は、応援部の活動がチア部や吹奏楽部と被っているため活動実績不十分とみなし、活動停止を言い渡した。

一方野球部の部室。

外野の3人がボールが飛んでこなくて暇、ベンチから守備位置まで遠い、などの不平不満を訴え、野球部を辞めると申し出た。

それを引き留めようとする内野と外野の間で言い争いが始まり、女子マネージャーが止めに入ると、内野の一人が思わず女子マネに向かって「外野はだまってろよ」と叫んだ。

そのセリフを聞いた外野の3人は、「外野部を作って甲子園を目指す。じゃあな、内野部」と言って部室を去っていった。

スポンサードリンク

浅草と金森、水崎ツバメと遭遇

アニ研の上映会場に入り席に着く浅草と金森。

スクリーンには爆破シーンのみのアニメーションが映し出される。

その映像に目を輝かせる浅草だったが、金森には何がいいのか理解できなかった。

そして気が付くと浅草の隣に水崎ツバメが座っていて、爆破のアニメーションがイマイチだと評した。

そして、浅草と金森に自己紹介すると浅草の被っている帽子を拝借し代わりに自分のスケッチブックを浅草に預け、水崎は追ってきた黒服の男たちから逃げるため会場を去っていった。

男たちに追われる水崎の姿に、胸躍らせた浅草は金森と一緒に水崎らの跡を追った。

土手を逃げる水崎。

その後を追う黒服の男たち。

その様子を対岸か妄想を膨らませなスケッチする浅草。

黒服の男に追い詰められた水崎は、水門から川に飛び込み逃走を図る。

水崎に浮き輪を投げ入れ、逃走の手助けをする金森。

スポンサードリンク

見えた最強の世界

コインランドリーで水崎の制服の洗濯が終わるのを一緒に待つ、浅草と金森。

水崎は追ってきた男たちが、自分の使用人にであることを二人に説明した。

水崎のスケッチブックの中を覗いた浅草は、苦手な人物画がたくさん描かれていることに感動する。

金森は浅草のスケッチブックを勝手に水崎に渡し、水崎の評価を仰いだ。

浅草の絵を見て、設定画と気づいた水崎に感動する浅草。

浅草は、「私は設定が好きなんす。最強の世界を描きたいんす」と言って、水崎の描きかけの乗り物のイラストに設定を加え、カイリー号と名付けた小型の飛行メカを完成させた。

そして3人はカイリー号に乗って浅草が描いた世界を自由に飛び回る。

そうした中で浅草は、「見えた。最強の世界」とつぶやき、水崎は「できるかもしれない。ずっとやりたかった、ずっとできなかったことが」と目を輝かせ、金森は金儲けの可能性に期待し、3人とも新たな可能性を見出した。

現実の世界に戻ると、金森が水崎に「この浅草みどりとアニメを作りませんか?」と声を掛けた。

金森の言葉に驚く水崎と浅草だった。

スポンサードリンク

映像研には手を出すな!ドラマ第1話の感想

冒頭で浅草氏が気絶しかけてましたが、極度の人見知りでなくても急にあんなに距離を詰められたら誰でも泡食っちゃいそうですけどね。

そして唐突に始まった予算審議委員会。

強権を振りかざす生徒会が一見悪者に見えましたが、応援部が粛清の対象になるのは妥当な気がしました。

そしてもう一つ突如始まった、野球部のカオスなやり取り。

野球観の違いで新たに外野部と内野部が誕生しましたが、もれなく生徒会に却下されるでしょうね。

この突然始まったやり取りは何かの伏線なのか、それともこれっきりなのか気になります。

なんだかんだで、前半はガチャガチャ感が半端なかった印象でしたが、コインランドリーのシーン以降は、すごく落ち着いて見ることができました。

浅草氏と水崎氏が意見を出し合いながらカイリー号を作り上げるシーンはすごく感動的でした。

そして、そのあとのカイリー号が改造されるところや、空想の世界を遊泳するシーンのCG合成が素晴らしかったですね。

下世話な言い方をすると、金かけてんな~ですね。

特に線画の描写は、見ていて楽しいですね。

映像研の活躍も楽しみですが、VFXの描写もこのドラマのもう一つの楽しみになりそうです。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

映像研には手を出すな!ドラマ第1話のあらすじと感想をご紹介しました。

アニメの設定命の浅草と金儲け命の金森。

そんな二人に、カリスマ読者モデルでアニメーション命の水崎ツバメが加わり、今まさに映像研が出来上がるところを描いた第1話でした。

原作漫画やアニメ版の内容を踏襲しながらも、ドラマ版のオリジナル要素も加えられた新たな「映像研には手を出すな!」が爆誕しました。

実写ならではの世界観が、どう描かれていくのかとても楽しみです。

「映像研には手を出すな!ドラマ第2話あらすじと感想」

「映像研には手を出すな!ドラマ第3話あらすじと感想」

「映像研には手を出すな!ドラマ第4話あらすじと感想」

「映像研には手を出すな!ドラマ第5話あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました